失敗しないお仕事探し

せっかく就職したのに募集内容と仕事が違った。上司と馬が合わない。など就職後に思っていた仕事や職場環境と違ったなど、長続きせず仕事探しに失敗を繰り返す方のために失敗しないためのお仕事探し方法や仕事をする上での心得をご説明します。

面接は受けるだけでなく質問もしよう

面接が苦手で、なかなかうまくできな方も多いでしょう。そのような方は、聞かれたことに答える準備はしていても、自分から質問する準備をしていないのではないでしょうか。面接は、あなたが評価される場ですが、質問に答えさせることだけが評価手段ではないのです。
面接では、面接官からの質問が終わると、なにか聞いておきたいことはありますかと質問されるはずです。ほとんどの方は、面接の最後にそういわれた時点で早く面接を終えたいので、ありませんと答えるでしょう。また、変なことを質問して印象を悪くしてはいけないという気持ちから、質問をしないという考えも多いでしょう。しかし、質問をしないということは、せっかくのポイントアップのチャンスを逃してしまうことなのです。
仕事では、指示された仕事を素早く的確にこなすことが重要ですが、それだけではいつまでたっても成長できません。仕事を頼む側と頼まれる側が会話をし、アイデアを出し合いながらより良い仕事をしていくことが理想です。そのためには、あなたには質問するスキルが必要です。面接の最後の質問には、そのスキルを見る目的が含まれています。
また、それ以外には、あなたの人間性を見る目的もあります。自由に質問をして良いタイミングですので、どのような質問をするかは100%あなたに委ねられています。その時に、面接官の印象に残る質問をできるかどうかが試されているのです。誰も気づかない気づきをあなたができるのであれば、それは会社にとって大きな財産になります。そのようなことは難しいと思うかもしれませんが、決して臆する必要はありませんので、積極的に発言しましょう。必ず、あなたの良いところが伝わります。