失敗しないお仕事探し

せっかく就職したのに募集内容と仕事が違った。上司と馬が合わない。など就職後に思っていた仕事や職場環境と違ったなど、長続きせず仕事探しに失敗を繰り返す方のために失敗しないためのお仕事探し方法や仕事をする上での心得をご説明します。

優柔不断ではイベントスタッフの仕事はできない

イベントスタッフの仕事の募集は比較的多いです。特にさまざまなイベントが頻繁に開かれている都市部では求人の数が増えており、見つけやすい仕事の一つになっています。この仕事はイベント会場の設営をしたり、管理や人の誘導を担当します。いろいろな人に接するので積極性が求められます。優柔不断な人には向かない面があります。とは言っても、募集の数が多いですし、報酬も悪くないので、やってみたい方はいるでしょう。優柔不断な方でも、面接で積極性をアピールできたら、採用されます。大きな声を出して、質問に答えて、どうしてもこの仕事をしたいと訴えかけることが必要です。
どんな仕事をするにしても、積極性は必要です。命じられたら仕事をするのではなく、自分から動いて仕事をしていく姿勢が求められます。同時に誰とも協力できて、自分の意思をはっきり伝えられることも必要になります。積極性のない方だったら、このイベントの仕事をやってみることで、それを身に付けられる場合があります。
正社員の募集は少なくて、アルバイトとして募集されることが多いので、面接自体は難しくありません。学歴はほとんど問われないので、応募しやすいです。経験のある方が優先されますが、それ以外の人も応募できます。時給は高くて、2000円を超えるところがあります。日給制になっている会社もあり、その場合は日給が15000円から20000円程度です。イベントの期間だけ働くので、長期間採用されることはありません。しかし、一つのイベントで経験を積めば、それを次の機会に生かすことができます。日払いや週払いが可のところが多いので、すぐにお金が必要な方に向いています。年齢制限は特にないですが、若い方に向いています。